マルチ商法

マルチの勧誘あるある 当てはまったら要注意!

将来に不安を持った社会人や大学生の、そこのあなた。
 

世の中には詐欺には該当しないものの、それに匹敵するくらい悪質な手口であなたのお金を搾り取ろうとする輩がたくさんいます。

 

その代表格がマルチ商法

簡単にいうと、会員を増やして、紹介すればするほど自分にお金が入るという仕組みです。

ネズミ講は無限に増え続けることを想定している違法行為ですが、マルチ商法は無限ではなく連鎖して販売する取引(合法)となっています。ただし、その実態はかなりグレー。基本的に、末端が損をして上が儲かる搾取構造です。

 

というわけで、マルチの勧誘が目指すのはいかに「新規会員が損すること」がバレないように引き込むかです!

むしろ「今始めたらお金持ちになれるよ」「自由な生活が手に入るよ」なんて甘い言葉で取り繕ってきます。

 

しかしご安心ください!

彼らの勧誘トークはおおよそパターン化されているので、警戒すべきキーワードをまとめてご紹介します。

 

「今の仕事大変じゃない?」ときいてくる

ニワトリ
ニワトリ
うん!会社やめたい!

 

そう答えたらほぼ確定でマルチ。相手が紹介してくる「楽して稼げる方法」への誘導が始まります。具体的な方法はすぐには話してくれません。こちらから尋ねるように仕向けてくるのです!

 

あくまで勧誘する側は「教えてあげる側」として優位を保ってきます。こうすることで、「公共な場以外で勧誘を行ってはいけない」という規制を回避することができるのです。なにより、「自分から納得してこのビジネスを始めたんだ」と洗脳することができます。

 

夢をきいてくる

将来の夢ってあるの?


これも典型フレーズ。

ニワトリ
ニワトリ
海外旅行行って、豪邸建てて・・・

なんて答えると、もう相手のペース。

 

いいね!でも、それを叶えるには今のサラリーマン生活じゃ難しいよね・・・

という誘導で、マルチ商法の会員に引き込むというパターンです。

 

良いですか。今の働き方で無理かもしれませんが、マルチならもっともっと難しいです笑。彼らの夢を叶えるためにお金をドブに捨てるのはやめましょう。

 

権利収入を話題に出す

カモ
カモ
権利収入って知ってる?

これはマルチの典型フレーズ。労働して稼ぐ収入と対比して話題に出してきます。簡単に言うと、「何もしなくてもお金をもらえること」としてアピールしてくるのです。

 

カモ
カモ
その仕組みづくりを一緒にしませんか?

という誘いがセットでついてきます。ちなみに、その「仕組みづくり笑」には初期費用と継続費用、勧誘での労働行為がセットになっているので、全然「権利収入」になってません笑。

 

街コンやBarに誘ってくる

サギ
サギ
知り合いが経営してるBarがあるんだけど、よかったら行かない?


あるいは

 

サギ
サギ
出会い欲しいよね!街コン行かない?

こんなお誘いはほぼOUT!

筆者は出会い系で話した女性に街コンに誘われました笑。

ニワトリ
ニワトリ
いや、出会い欲しいから出会い系やってんのに、なんでその出会った人に街コン誘われるん!?

そうツッコまずにはいられません。

 

ちなみに、そのBarの経営者や常連は基本的にマルチの組織員です。みんな仲間ですが、それを隠してあなたを仲間に引き入れようと誘導してきます。気をつけて!

 

「師匠」が登場する

カモ
カモ
めっちゃすごい人がいるのよ!会って話だけでも聞いて見ない?


その人は誰かというと、マルチの上位ランクにいる人間。確かにマルチの下っ端からしたら神のような人でしょう。しかし、我々からしたら口が達者なペテン師とも言えます。

 

なぜか毎回、「忙しい中、ちょうど時間が取れた」とのことで、カフェにやってきます笑。

サギ
サギ
君がニワトリ君か。君には特別に話したいことがあってね・・・

そう言って現れるのは、ブランド品っぽいのを身にまとった金持ちそうな人。なにやらビジネスの話を紹介してきて、それで自分は成功したと語り出します。ちなみに、あなたを勧誘してきた人も横で「うんうん」頷きながら話をオーバーに盛り上げます笑。

 

・・・そして、その場で会員になるなら安くするとのことで、10万単位で入会費を迫ってきます。

サギ
サギ
成功者はみんな、すぐに決断するものだよ

確実に元は取れる。なぜかそんな根拠のない自信で、あなたのお金を狙ってきます。

 

正直に伝えておきますと、元を取り返せる人は確かにいます。ただし、勧誘のためにたくさん勉強して多くの時間を費やした人に限ります。つまりは、そんな頑張れるなら普通に働いた方が稼げます笑。他の人をマルチの闇に引き摺り込むくらいなら、迷惑かけずに働いて稼ぎましょう。

 

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です