• 子育てに関するお得情報コミュニティサイト

しんどいことから上手く逃げる子育て

子育てでしんどいことって、多々ありますよね。

多くの親が真剣に子育てと向き合うからこそ、子育てから逃れられないプレッシャーを受けます。

ですが!そんなプレッシャーから上手に逃れる子育て方法を読んで、とてもビックリしました!

今回は、Amazon kindleで出版されている『適当育児×見せる育児』を参考に、適当で上手な子育てをご紹介します。

笑顔でいること

意外と忘れがちなのが笑顔。

そりゃ、おじいちゃんおばあちゃんのように子どもに優しくするだけで済むならそうしたい所ですよね。

でも、怒鳴ってばかりでは悪いループから抜け出せません。

なんでこんなに怒っているんだろう?

そう1日を振り返り、そんな自分にも嫌気がさしてイライラ・・・

なんてことになりかねません。

笑顔は、気持ちに余裕を生み出します!

これは育児に限らずですが、なにかしんどいことがあったら、あえて笑ってみましょう。これでイライラが別の感情に浄化されたりします!

ちょっと話はそれますが、モテる男も余裕がありますよね?

上手く行かないことがあっても、今までの体験で自信をつけているから、余裕をもって笑い飛ばせるんです。

余裕の作り方

では、そんな大事な余裕をどう生み出すか?

それは

サボる

以上です。

何をどうサボるんだよ!?って話ですが、ホントにサボるんです。

筆者が実践している例を挙げていきましょう!

無理してお風呂に毎日入れなくても良い

例えば、お風呂。

お子さんをお風呂に入れないといけない夜。泣き喚いて大変な時、もう次の日に延期しちゃって大丈夫です笑

筆者はそれくらい適当で大丈夫とおっしゃてます。確かに、風邪の日もお風呂に入らないし、正直そこまで問題ありません。

一人でのんびり入ってたら、つられて子どもが入ってきた。

なんて風に、自然と義務がなくなっていくことも多々あります!

義務感に追われてストレスが溜まる前に、たまにはサボってみてください(これは賛否両論ありそう笑)。

炊事でキッチンにいる時間を減らす

家事の中でも、安全管理が大変な炊事!!!

包丁やガス、キッチンから離れている間にお子さんが触ったら・・・

なんて不安があるので、迂闊に気を抜けません。そこで、筆者は調理で危ないものを使わないで済むようにすれば良いと考えます!

そのための調理器具が

圧力鍋です!!

これに具材をつめて煮込んでしまえば、簡単にご飯が作れちゃいます!最近では圧力鍋を使ったレシピなんかもたくさん出回っています。

・・・あ、そういえば僕の母もよく使っていました笑

仕事帰りでもパパッとご飯を作ってくれていましたが、時短料理に精通していたのかもしれません。

昼夜を問わず、たまにお酒を飲む

これもガッツリ賛否両論分かれますね笑(てゆーか反対多そう)

ただ、別にアルコールを少し飲んだからって支障は出ません。(依存症はダメです!)

シラフでイライラして子育てするよりも、少しお酒を入れて笑顔が多くて愉快な母親の方が、お子さんも安心するでしょう。

意外と子どもは、母親の機嫌をよく見ているものです。幼少期、僕の母はストレスで僕と兄弟に強く当たっていたのでよく覚えています。兄と一緒に、ヒソヒソと母の機嫌を伺うような時期がありました。

子どもは、完璧な母親なんて求めていません。ただ、イライラよりもヘラヘラなお母さんが好きなだけです笑

親の真似をさせる

子は親の背中を見て育つ

なんてよく言われます。一緒に暮らす親の習慣や行動に習って子どもも成長していくから、当然かもしれません。

でも、自分と同じ失敗などを子どもに味わって欲しくなくて、口で言って教え込む時ってありませんか?

例えば勉強!これは多くの親が悩むことですよね。

「勉強しなさい!」って言っても、まあ簡単にはその通りには動かないのが子どもです。

でも、子どもが小さいうちに、親があることをするだけで変わります。

なんでしょうか・・・?

そう、親が勉強しちゃえば良いんです!!親が楽しんで取り組むことには、子どもも抵抗を無くしやすいものです。

何か資格でも良いし、読書とかでも良い。その姿をみて、子どもも勉強や読書を楽しいこととして受け入れやすくなります。

ちなみに僕は幼少期から、父が読書ばかりする姿を見て育ちました。物心ついたときには、父が図書館から借りてきた本の中で興味のあるものを読ませてもらったり、本を買ってもらうようになりました。

おかげで勉強にもあまり抵抗がなくなったように思います。

お子さんが、「学ぶのって楽しい!」と思えるような、そんな姿をまずは親から見せていくことは、簡単で楽な子育て法ではないでしょうか。

筆者はお子さんと一緒に古本屋に好きな本を買いに行くそうです。一方で、お子さんがのめり込んでしまうYouTubeの動画は1日に2本までと制限をかけているそうです。勉強の邪魔になるものは、ある程度制限をかけるのが良いのかもしれませんね。

親の幸福度も伝染する

最後に、大切なことがあります。親の姿勢をお子さんが真似するのはもちろんのこと、親が幸せそう・楽しそうにしていると、お子さんにも伝染します!

これは育ってきた家庭を振り返ると、多くの人が当てはまると思います。両親が喧嘩ばかりする家庭で育つと、その当時は暗い思い出になる。一方、両親が楽しく幸せそうに過ごす家庭で育つと、自己肯定感も養われて成長できる。

だからこそ、親であるあなた自身が楽しく、幸せでいれることを最優先に取り組んでみてください!!

《参考にした本》

Kindle Unlimitedに登録すれば、無料で読めます!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。