【実話】アムウェイとの出会いと洗脳の恐怖

悪質商法を叩き潰すサイト フォーラム 勧誘体験の掲示板 【実話】アムウェイとの出会いと洗脳の恐怖

  • このトピックは空です。
1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #96 返信
    SAI
    ゲスト

    ~私とアムウェイ~

    きっかけは、地元で海外旅行好きが集って親睦を深めるイベントがあり、
    (このイベント自体は主催も一般の企業で、健全なもの)
    そこで同じテーブルになった女性(以下Aさん)と知り合ったことでした。

    今思い起こすと、そのテーブルのメンバーは、
    MLMではないにせよ、自己啓発セミナーオタクや、スピリチュアル好きなど、
    ちょっと頭が弱いというか、何かしらに洗脳されているような人たちばかりでした。
    そもそも、こういう交流会的なイベントは、MLM側の人間もそうですし、「MLMに勧誘されやすいタイプの人間」も集まってくるように思います。
    出席者は全員ターゲットになると考えていいでしょう。

    さて、Aさんは同い年で、職業は「管理栄養士」でした(確認済。これは事実。)

    連絡先を交換したメンバーで、後日、夕食を食べようという流れになり、
    そこでAさんとは海外の話でさらに意気投合し、
    次回は1:1で、カフェで海外の話をしようという流れになりました。

    カフェでは海外の話のあと、自然な流れで、

    「海外住みたいよね~」
    「お金かかるよね、仕事の問題もあるし~」
    「権利収入(不労所得)があれば、人生謳歌できるよね~」
    「本業以外になにか収入あるの??」

    という流れになり、私は当時副業をやっていてそれなりの安定収入があったため、その話をしました。
    そこでAが、実は私は…という流れで「アムウェイ」の話を切り出されました。

     私「副業やってて収入あるし、アムウェイもそうだし、他の副業には一切興味ないな~。」
     A「そうだね!○○くん(以降、私を○○と書く)は凄いなぁ!けどアムウェイのこと誤解してる人多いから、興味なくてもいいから、せっかくだから説明だけさせて~」

    という流れになり、手慣れた手付きでiPadを取り出し、
    人目を憚らずアムウェイの解説を始めました。

    私は呆れムードであり、
    本来であればここで縁を切るのですが、
    アムウェイの話は早々に切り上げて、

     A「○○くんのやってる副業を私にも教えてほしい!今後詳しく教えて!」

    と逆にこちらに興味津津の様子。
    その場を後にしました。

    当時、Aさんとは職場の距離が近かったことから、
    お互い時間合えばランチ一緒に行こう!という誘いがありました。

    ランチの際の話は、

    ・人生・働き方・生き方など ・・・6
    ・時事ネタ(政治、世界など) ・・・3
    ・アムウェイ(商品の良さや効能を延々と語る) ・・・1

    という比率でした。

    一緒にランチに行くということ自体には特に害は無かったことや、
    前者2つのジャンルは個人的に話としては好きだったということ、
    また、退職届けを出し数カ月後にはサラリーマンを辞めることが決まったタイミングだったので、
    色々と悶々としていた私にとっては悩みなどを打ち明ける良い話相手だったことが災い、
    気づけば多いときで週1回は一緒にランチに行く仲に。

    ランチ時の会話では、毎回必ずアムウェイの要素を微妙にチラつかせているのですが、
    勧誘するわけではなく、製品(サプリメント)の効能など管理栄養士の観点から真面目に話していて、
    どっちつかずな雰囲気でした。

    この硬直状態のまま2ヶ月程度続いたことも、
    後の私の判断能力を鈍らせる要因だったと思います。

    ~手練のおっさん登場~

    久しぶりに「飲みに行かない?」と誘われました。

    しかし、よく聞くとAさんの”友人のお父さん”を紹介したいということ。
    (その「Aさん友人」と私は面識は無いし、当然その父親とも面識は無い。)

     A「○○くんは面白いし、考え方も斬新だから、ぜひ会って欲しい!!」とのこと。

    ただ、ここまで来ると面白半分でそのカオスな状況を楽しみたいという気持ちが湧いてきて、
    二つ返事でOKしました。

    当日は、私、Aさん、Aさんの友人の父親(以降Zさんと呼ぶ)
    の異色の3人での飲み会。

    Zさんは最初から「アムウェイで生計を立てている」と明かし、
    Aさんとはアムウェイ繋がりだとも暴露。
    (=ここでAさんとZさんは同じグループであり、Zさんがアップであることが判明。)

    アムウェイの話は早々に、

     Zさん「それはそうと○○くん、なかなか面白い人間みたいだね? 今日は君の話を聞きに来たんだよ!」

    ということで、以降は3時間程度、私の自分語りの時間になりました。
    話の内容に衝撃を受けており(今思えばそういう演技)

     Zさん「面白い人と出会えた!生き方に感銘を受けたよ!ぜひこれからも飲もうね!」

    ということで、私も満更でもない雰囲気のもとその日はお開きに。

    ~Aさん宅へお邪魔。気まずい旦那~

    その後、Aさんの家に招待されるようにもなり(Aは既婚者です)
    Aさん、Zさん、私で、1ヶ月に一回程度Aさん宅で飲み会。

    Aさん旦那は、なぜか少し挨拶をする程度で、
    家に行くと気まずそうにすぐに外出してしまうため会話できず。

    (Aさん旦那は、AさんやZさんとは別のグループだと推測。
    アムウェイには他のグループのカモを横取りしてはならないというルールがあるため私に接触できなかったと推測。
    また、そもそもこの飲み会自体がカモを落とすための大掛かりな偽装工作のため、
    Aさん旦那としては、飲み会に参加する意味がないので外出したと推測。)

    ~意識高い系の自称成功者の登場~

    ある飲み会の際、
     A「凄い人いるから、今からZOOMで繋ぐね」
    となり、「凄い人」とZOOMで飲み会に。

    年齢は30代後半、所帯持ちの男性。
    ITベンチャー界隈にいそうな、ラフな格好して、私はクリエイティブです。
    言いたいこと言いますよ~ のような雰囲気。

    アムウェイではタイトル保持者(おそらくDD以上?)らしく、
    会社も経営しているらしく(ただし真相は不明。登記のみの実態無しの可能性大)
    「私は成功者です!」といった雰囲気を出していて、
    それをAさん、Zさんも盛り上げていました。

    なぜか上から目線で、色々とアドバイスを貰いました。
    以下、記憶に残った言葉です。

    ①「普段の生活では同じレベルの人としか絶対に出会えない」

     →ならアナタも私と同じレベルなのでは?笑 と突っ込みたくなりました。

    ②「人を集める力はビジネスで重要。ネットやSNSでファンを1000人2000人ぐらいすぐに集められる能力がないと何をしても失敗する。君はできる?やってみなさい。」

    などなど、
    謎の「上からアドバイス」を受けましたが、
    後日の調査で、彼がyoutube他で活動しているのを発見し、
    ・ライブは視聴者はアムウェイ絡みの人ばかり
    ・公式noteなどはフォロワー12人
    ・twitterの投稿は2いいね
    という悲惨さ。
    きっと自分自身への戒めとしてのアドバイスだったのだと思います。

    ~「神」の登場と嫌悪感~

    Aさん、Zさんも、私がなかなか次のステージに行かないのにしびれを切らしたのか、

     A「今度、○○(隣県の都市)に私達の中で伝説になっているYさんという人が来る。めったに会えない神レベルの人。一緒にいかない?」

    と誘われました。
    この頃になると、アムウェイ云々は抜きにして、Aさん、Zさんと関わること自体(一緒に飲んだり、雑談したり)については違和感を覚えなくなってきていて、
    普通の「友人」として成立していました。
    (今思えば、洗脳が順調に進行中だった)

    あまり乗り気では無かったが、
    車も出してくれ、昼飯もごちそうしてくれ、
    私のデメリットは無いなと思ったため(今思えば時間という一番貴重なものを無駄にした)
    二つ返事でOKをしてしまいました。

    当日は公民館の会議室を貸し切っていて、20人程度のメンバー(Aさん、Zさんのグループのメンバー)が集結。

    年齢層は、30~40代。
    ほぼ女性(既婚者は旦那も同席。)

    Yさんは、忙しいらしく、遅れて登場。
    東京在住で新幹線で来たらしい。
    Yさんの登場で会場もヒートアップ。

    年齢は60代。美容関係の会社を経営。(確認済。これは事実。)
    上沼恵美子が痩せて、ちょっと上品にした感じ。トークはうまい。
    少し喋った感じでは、今までの登場人物で一番マトモだと感じました。
    紹介では「ダイヤモンドDD」と言っていたため、
    本当であれば、アムウェイ抜きにしても、ビジネス関係の実力は一定能力はありそうでした。

    内容は、
    各々のアムウェイの活動報告から始まり、
    商品のデモ(これは私向けにわざわざやってくれた?)
    最後に「Yさんの講演会」というスケジュール。

    ちょうどコロナが世間に蔓延り始めた時期だったことから、
    Yさん講演会の内容は、

    ・コロナに関わる世界や日本の今後
    ・権利収入の重要性
    ・(…からの)我々アムウェイの素晴らしさ

    などを語っていました。
    ネットニュースで聞きかじったような内容を、
    さも預言者のごとく話すYさん。
    その話に対して宗教のように目を輝かせながら聞き入るメンバー。
    もはや「嫌悪感」しか感じない集会でした。

    この集会で感じた圧倒的な嫌悪感から、
    Aさん、Zさんに対する疑念や嫌悪感を感じはじめ、
    距離をとったところ、
    今まで懇意にしていていたZさんが、
    突然、毎朝アムウェイの製品紹介の長文LINE(彼が打ったと思われるメルマガのようなテンプレート)
    を無言で延々と送ってくるようになり、
    そこでようやく
    「ただのアムウェイのカモだったのか。見込み無しなら用済みか。」
    という事実を認識し、
    関係者全員をブロックし、縁を切りました。

    ~「ちょっと誂ってやろう」という思い上がり~

    私は当初からアムウェイに登録するつもりは一切無く、
    それを彼らに幾度となく伝え、彼らも納得していました(というフリでした)

    むしろ、「面白そうだし彼らの生態を徹底的に暴いてやろう」だとか、
    「実害は無いしただの話し相手(友人)としてなら別にいいだろう」と考え、彼らと接していました。
    一定の線引は心がけていました。

    しかし、いつの間にすっかり気を許し、相手のペースに引き込まれ、
    行き着くところまで行ってしまったように思います。

    彼らは正攻法では勝負をしてきません。
    アムウェイが世間から嫌われていることも承知ですし、
    心理学や話術を駆使し、どういう相手にどういうアプローチが有効か、よく研究し、理解し、実践しています。
    一人ではなく、何人もの人間がグループを作り、組織ぐるみで襲いかかってきます。

    くれぐれも「ちょっと遊んでやるか 笑」という生半可な気持ちで彼らに近づくべきではありません。

    人間というのは、割と弱い生き物で、脳にバグも多く、
    バグコードを流し込まれると、あっという間にバグってしまいます。(これが俗に言う「洗脳」)
    マウントを取るつもりが、気づいたらマウントを取られます。

    「絶対に洗脳なんかされない」という人間ほど、自分の気づかないレベルで徐々に侵食されますので、ご注意ください。

    ~地域に深く根ざすアムウェイ~

    その後、徹底的な調査(今も継続中)にて、
    想像以上に地域社会にアムウェイの魔の手が深く根ざしていることが判明。

    特に「飲食業界」などは温床になっており、
    スタッフだけでなく、経営者や、代表者(店長)なども、アムウェイ関係者だったりで、
    本業の立場を巧みに利用し、新たなダウンを作っている模様。

    上記はまだマシなケース(一般的なケース)で、
    「アムウェイが本業で、飲食店は副業」のような輩もおり、
    飲食店は、アムウェイにお客さんを誘導させるためのフロントエンドに過ぎない、という事例も発見し、絶句しました。

    エビデンスも含めた私の調査結果は、興味のある人には共有しますので、ご連絡ください。

    これからもアムウェイを含む悪質なMLMに対して、声を上げて断固たる行動をしていきたいと思います。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
返信先: 【実話】アムウェイとの出会いと洗脳の恐怖
あなたの情報: